翔鴎号|キャプテンズブログ

株式会社海洋計画の代表取締役であり、
日本最大級の翔鴎号のキャプテンを務める能崎知文のブログです。
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
RECENT COMMENT
海洋計画 オフィシャルサイト
Sailing Institute of Japan
LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< サッカー観戦の副産物 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
ヨットの即製教育
 「ヨットを自由に操縦できるようになりたい」と、個別に2人のご婦人からの申し込みがあった。
この夏の内に決着したい意向だったので、現在進行中で受講してもらっている。学科講習の初日にお会いした時の印象では、両者とも、スポーツウーマンではなく、普通の主婦に見えた。1人は50歳のAさん、もう一人は60歳前半のSさんであった。いずれもヨット経験は無いに等しいものであったが、ヨット上達を急ぐそれぞれの理由を聞き出すことができた。びっくりしたのはSさんの話である。
Sさんは下田の岬近くに別宅があり、岬にある漁船の船溜まりから 10ftのディンギーを一人で出しているとのこと。この夏の内に、隣の入り江までのセーリングをしたいとおっしゃる。前回の出艇の際に、3回連続でチンして、大変な思いをしたことによって、自己流ではなくて、きちんとヨットを習おうと決断されたうえでの参加だった。
 下田は港を出ると、すぐに外洋と言っていい。ましてや、岬の周辺は風や波が複雑に変化するので、そのような海域をディンギーで乗り回すことの危険を説き、クルーザーに転向することを強く勧めた。 かくして、今週末に翔鴎での乗船実習となった。

 実践ヨット塾の受講者にはシニアの方の占める割合が多いのだが、彼らに共通するのは、明確な目的があることである。例えば、堀江謙一のように太平洋を横断したい、ヨットを使って、タヒチへ旧婚旅行をしたいとかの希望をお持ちである。純粋にヨット技術のみを求めてくる方は極く少数派である。女性の受講者に多いのはアーサーランサムのツバメ号・アマゾン号を読んで、ヨットに興味を持った方たちである。イギリスの少年少女が湖水地方で小さなヨットに乗って、冒険を体験するといったメルヘンのような世界が描かれている。Sさんのディンギーへのこだわりはひょっとしたら、アーサーランサムによるものかもしれない。

 さて、本題であるヨットの即製教育に戻ろう。ヨットを単に走らせるセーリング技術を身に付けるには1〜2日間で十分と言える。しかし、荒天時のセーリング技術、アンカリング、ナビゲーション、気象予測、交通法規、修理の知識、エンジン等々となると、マスターするためには数年間の歳月が必要である。
高校生が大学受験があるから勉強に励むように、明確な目的があったほうがヨットのj上達が速い。
 身近な例では今年5月に、6年間に及ぶ世界一周航海から帰還されたSHさんは実践ヨット塾で初めてセーリングクルーザーに乗ったのち、瞬く間に技術をマスターして、出航されたものだ。
 私のヨット人生において、最速で成長したのはEさんである。私が横浜でハーバーマスターをやっていた時に、あるオーナーから小笠原シングルハンド航海ができるようにと、Eさんを託されたことがあった。聞けば、Eさんのヨット経験は伊豆大島までの航海に数度、クルーとして参加した程度とのこと。約3日間にわたって、2人でヨットに乗り込んで、ウインドベーンの使い方、天文航法、荒天時の運用法を教えた。その後間もなく出航となり、Eさんは無事に小笠原往復航海を完成して戻った時、感謝の言葉をもらったが、成功の大部分は本人の頑張りによるものだと思う。知らないコトやわからないコトは誰かに教わらなければならないが、残りは自ら経験して、工夫して対処してゆかなければならない。Eさんには命がけの航海が間近に控えていたから、学習意欲が旺盛だったのだろう。
| ヨット塾 | 11:15 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 11:15 | - | - | pookmark |↑PAGE TOP
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/10/04 5:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oc-plan.jugem.jp/trackback/372
トラックバック